スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | | page top↑
里心



今日も会社を定時に終え家に帰ったら妻が何やらダンボール箱に物をつめている。何をしているのかと聞くと、2~3日前県外で一人暮らしをしている娘から、何か食べる物を送って。と連絡があったらしく、妻は何を送ろうか迷い今日に至ったらしい、私は何を送ろうとしているのかと思いダンボールの中を覗くと、米、海苔、漬物・ふりかけ、ラーメン、缶詰、お菓子、冷凍した手作りカレー、シチューなどがあった。私は妻に、こんな物何処にでも売ってあるから娘が好きな物を買える用にお金を送った方が良いのでは?と言ったところ、妻が怒った顔をして、お父さん何を言っているの、お金じゃ家庭の味、家族の愛情はつたわらないのよ。娘がお母さん何か食べる物送ってと言う言葉の本当の意味がわからないの、あの子は少しでも家族とのつながりが欲しくて送って来る荷物で感じようとしているのよ。私は父親として恥ずかしくなり反省しました。その後、私も何か作って一緒に送ろうと思い料理に取り掛かりました。次の日の朝、発送する荷物にガムテ―プを貼ろうとしていた妻に、冷凍室から昨日作っておいたオニギリ10個も入れてもらうようにお願いしました。妻はクール便は高いのにと笑いながら荷物の隅に入れてくれました。おにぎりの具は娘の好きな、焼き鮭と肉のそぼろを入れました。

  追伸・・・その後妻が娘にお父さんの作ったオニギリ美味しかった?と聞いたら、まだ冷凍室にあるよ…といったみたいです。


  今週の私の好きな詩 

   * 途中にいるから中ぶらりん、底まで落ちて地に足が着けばほんとうに落ち着く。


                                    (相田みつを作品集、ヨリ)

スポンサーサイト
【2010/05/26 09:51】 | | | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。