スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | | page top↑
悲惨な草取り 


 
 
 週末、私は展示場にいた。朝から建物の清掃を終え、リビングで御客様の来場を待つ。窓越しに外を見ていると、庭に青い物が点々と無数あることに気付いた。雑草だ、前回草取りしてから日数は経っていない、季節柄急激に伸びている。このままだと一週間後悲惨な状態になるだろうと思い、午前中は来場者も少ないので草取りをする事にした。手袋をし、片手にはシャベル、片手にバケツを持ち庭に向かった。移動しながら中腰になり草を取って行く、10分~30分もう少しで終わる頃、体に異変が起きた、立とうとしても立ち上がれない。腰に力が入らない、中腰のまま固まってしまった。その後どうにかして中腰のまま玄関にたどり着いた。玄関で横になり寝たままで少しずつ背伸びをしたらどうにか立つ事が出来た。後から人に聞くと、無理な体勢で草取りをすると、腰がしばらく固まる人もいるそうだ。これからは草取りする時は、腰掛けたままで出来るイスを使う事にした。

      
*  追伸・・・いつまでも、若い!若い!と思っていざ動いて見ると、
        自分が思うより老いは進んでいると思いました・・・。
        皆様も何時までも若いと思うのは、若いと思う心だけ。
        にしといた方が良いと思います。


今週の私の好きな詩  

* 名もない草も実をつける、いのちいっぱいの花を咲かせて。
                       (相田みつを作品集、ヨリ)

スポンサーサイト
【2012/10/29 18:08】 | | | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。