FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | | page top↑
我が家の悲しい初恋


先日、家で飼っているタイガー(愛犬のドーベルマンの名前)のマラリア予防接種のため動物病院に行った時の事である。動物病院の待合室には大小さまざまな犬達が飼い主に抱かれたり、つながれたりして来ていた。犬同士は互いに吠えたり、鳴いたり、震えたり様々である、私達がタイガーの診察を待っていたら、いつもならじっとしていないはずのタイガーが、動きも少なく、吠えもせず必要に短いシッポを振り、いつもなら立っている耳もへの字にうなだれ、だらしない姿で近くにいる小型犬を見て喜んでいる。まさにこれが人間で言う一目惚れであろう、犬でもニャニャしたスケベ顔が表情にでる。生後10ヶ月のタイガーにとっては初めての恋、いわゆる初恋である。私と家内はおかしくなりしばらく見ていたら看護士さんがタイガーのそばに来て、笑いながら耳内されていた。そのようすが私達もきになり何を話されたのか尋ねてみた。看護士さんはタイガーに「タイガー君、一目惚れしちゃったの、でもそれは無理な恋なのよ、あきらめなさい、だってあのワンちゃん、男の子なの」
と言いいましたと。その事を聞いてタイガーを見たらまだニャニャしている。それを見た家内が私の顔を見て「飼い主そっくり」と一言、その後わらい声はどこか遠くの空へ飛んでいった。
   
今週の私の好きな詩  *トマトがトマトであるかぎり、それはほんもの
                   トマトをメロンに見せようするから、にせものとなる。

* (相田みっを作品集、ヨリ)

【2010/03/01 14:23】 | | | コメント(0) | page top↑
<<今を大切に | ホーム | 父23回忌追悼ブログ最終回 「 親父のおかげ 」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hirakitop.blog119.fc2.com/tb.php/100-e747fc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。