FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | | page top↑
父23回忌追悼ブログ③「言葉の意味 」




私が高校3年生で進路を決める時、私には妹が二人いてお金が掛かるので、親に大学に行きたいとは言い出せなかった。それを察知したのかしばらくして親から、行きたい大学があるなら行け、金は何とかなると言われた。嬉かった…その後大学を決め受験した。高校からは大丈夫と言われた大学だったが、合格通知の来る日の夕方になっても来なかった。落ちたのだ、私は自分の部屋の窓から外を見ながらため息をついていた。夜になり父親が仕事から帰り、母親から不合格の話を聞いたのか、私の部屋に入って来て、私の横に座り同じように外を見ていた。数分経った頃、父の口から、今こけていた方がいい、今ならお前一人の責任で済み、やり直しがきく、何校でも受験しろと、だが社会人なってこけたら、お前一人の失敗で何人、何十人の人に迷惑をかける。こけた事もいい経験だ、意味が有る。覚えておくように、と言って部屋から出て行った。その時私は親父が何を言っているのかわからなかった。だが今になり、失敗出来る時失敗して経験を積んでおきなさい…と言う事だったのか、少し解ったような気がする。


今週の私の好きな詩  * にんげんはね、追いつめられると弱いもんだな
                       ひとごとじゃない自分のこと


* (相田みつを作品集、ヨリ)
【2010/02/08 09:32】 | | | コメント(0) | page top↑
<<父23回忌追悼ブログ最終回 「 親父のおかげ 」 | ホーム | 父23回忌追悼ブログ②「洗っても落ちないキズ」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hirakitop.blog119.fc2.com/tb.php/98-cf3369e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。